PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

制御は魔法じゃないんだぜ

Luaを魔法か何かと勘違いしてるんじゃないか?って人が結構いそうなので、モデルの製作過程を晒すという目的も果たしつつ、簡単な制御を積んだ飛行機の製作工程でも晒してみようかと。
うまく説明できるといいな。


とりあえず適当にざっくりと形だけ作る。ちなみに使用ツールはRCD。
.rcdファイル右クリックからRCD開けるようにしてるので、便利に使える。
これはきっと喪寺にはできない芸当。できたらごめんね。

seisaku_1.png

そして各翼やJETに変数入れて、必要な部分にNAME入れて、VALとか入れて、Luaの制御適当に書いて(あとでこの辺解説しますね、今は製作工程の紹介を重視)、テスト飛行。
結果、ヨーが効きにくかったので調整。ラダーを180度重ねて効きを強化、代わりに後ろのほうの垂直パーツをTrimFに変更してバランスを取る。TrimFなのは剛性を高めるため。そしてもう一度テスト飛行。
今度はピッチが効き過ぎる。制御である程度収まってくれてるけど、動力無しで落としたら尻から落ちる。
そこで後ろのほうに水平Chipを増やして主翼付け根のChipをTrimFに変更。
それでもわずかに尻から落ちたのでコアの前にゴーストフレームを追加。
これ、機体バランス微調整に役立つから覚えて存しないテクニック。個人的にオススメ。
で、最終的にこんな風になった。
seisaku_2.png

お持ち帰り

制御の解説はまたあとで。
スポンサーサイト

| 飛行機 | 17:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

魔法だと思っていた時期がありましたorz
最近Luaをなんとか扱えるようになってきて、色々やってみたら機体構造の大事さが良く分かりました。
素体も重要なんだなと。

| NER | 2009/02/22 03:06 | URI | ≫ EDIT

orz

↑ついに来たよ・・・orz

| penpen | 2009/03/10 17:58 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://rigidchips.blog81.fc2.com/tb.php/37-93faae62

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。